劇団ショウダウンプロフィール。


 作演出ナツメクニオを中心し、2001年5月に京都にて旗揚げ。

 既成の劇団という枠にとらわれず、 いろいろな物を貪欲に吸収しながら、
 大衆娯楽の王道を追及し表現しています。

 近年、ナツメクニオが
 取り組む実在の歴史をもとに したシリーズが人気。

 これまでに切り裂きジャック、
 乗組員が忽然と消えたマリーセレスト号の事件など
 現代も様々な憶測が飛び交う物語を大胆に解釈した
 歴史エンターテインメント として上演、好評を博す

 2005年までの公演で京都の劇団としては数少ない1公演1000人を動員記録。
 2005年より京都公演・大阪公演を行う。

 2006年より本公演を大阪にて行う。

 2012年より作・演出 ナツメクニオ×俳優 林遊眠の一人芝居シリーズが、
 大阪 船場サザンシアターにて始まる。
 一人芝居シリーズは好評を博し、口コミで拡がった公演は、千秋楽はどの公演も満員御礼となる。
 また他方、公演フライヤーも大好評。

 2014年は、劇団初の大阪・東京ニ都市で公演を行う。
 東京公演はシアター風姿花伝ツアーサポート公演として上演。
 公演期間中には、CoRich(こりっち)舞台芸術 注目ランキングが1位となる。

 また東京にて上演した『マナナン・マクリルの羅針盤』は、
 第26回 池袋演劇祭において、大賞を受賞。

 26年続く歴史ある演劇祭史上、
 稀にみる48劇団が参加しその頂点に輝く。

 2015年1月は、大賞に輝いた作品
 『マナナン・マクリルの羅針盤』再演を、大阪&東京二都市公演を行う。

 東京公演は、シアターグリーン特別招致公演
 (グリーンフェスタ2015特別参加作品)として上演し、
 東京公演での動員は前回動員の2倍を記録、

 また大阪公演は、船場サザンシアター提携公演として、堂々、凱旋公演を行う。

 2015年夏は、勢いそのままに、
 新作『パイドパイパー』を大阪では、劇団初となる梅田・HEP HALL、
 また東京公演では、『パイドパイパー』&『千年のセピラ』を池袋・あうるすぽっとにて上演。

 2016年1月、グリーンフェスタ2016参加作品、
 『錆色の瞳、黄金の海』は、BASE THEATER賞を受賞。

 2016年9月、第28回 池袋演劇祭では
 『撃鉄の子守唄』が優秀賞を受賞する。

 2015年10月より始まった男女2人芝居『メビウス』は
 関西にて活躍する男女のべ16組32名のキャストによって上演され
 幅広い年代から支持を受ける。

劇団ショウダウン公式twitter。

 ナツメクニオ、林遊眠、藤井琢丸、宮島めぐみ
 制作がつぶやいています。フォローミー(^^)/

   @gekidanshowdown

劇団ショウダウン公式ブログ

 ナツメクニオ、林遊眠、宮島めぐみ、竹内敦子、篠原涼が更新(^^)/
 写真も盛りだくさん。 上記メニューからもご覧いただけます。

  http://showdown.jugem.jp/?eid=2198


劇団ショウダウンBiography

 上記メニュー、過去の公演記録をご覧ください。
 また、CoRich舞台芸術、劇団ショウダウンページにも掲載しています。
 公演ごとの観たい、観てきたコメントも劇団員で拝読し
 随時コメントの投稿も行っています。ぜひご覧ください。


http://stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=649