マナナン・マクリルの羅針盤フライヤ表面「やがて母親が、冬の寒さと迫り来る死の運命から守るように子供の頭を抱き、そしてその人生の最後の一歩を踏み出そうとした、その時。」 物語は一隻の奴隷商船が奪われるところから始まります。海軍提督ロジャー・ジャレット 「そしてこの薄暗い洞窟の中、誰にも悟られずにニヤリと笑います。男が黒曜石の箱から取り出したもの、それは・・・鈍く輝く、古びた、小さな羅針盤だったのでした。」1716年4月帆船を眺める2人の青年 「澄み切った空!無限の海!港は活気に満ちあふれ、世界が丸い事も証明された!時代は今、とてつもなく動いている!あの帆船だってそうだ。馬では行けないところまで人や物を運ぶ。なのにどうして僕たちは、こんなにもちっぽけなんだ〜!」ケンジントン宮殿 ジョージ一世 我が国は・・・六分儀に続き羅針盤まで手に入れた。これで残るはあと1つ・・・。坊ちゃん、サミュエル坊ちゃん そんなところで寝ていたらお風邪を召しますよ?ほら、起きてください。坊ちゃん、サミュエル坊ちゃん そんなところで寝ていたらお風邪を召しますよ?ほら、起きてください。幼馴染み ピエトロ・メイヤー あの船を・・・ウィーダ号副航海士そして元海軍兵士 サー・エリック・ボッシュ お前たちは・・・バカだ。 我が海軍は港に残されたブリガンディン2隻でこの船を追う。スループ型の武器はそのスピードにある。だがお前たちはそのスピードを生かさない作戦を実行する。お前たちは必ず負ける。路地の先から剣を握った黒い陰が飛び出し たった一振りで、3人の海賊達のカトラスをはじき飛ばしました! 2人の少年海賊を救ったのはウィーダ号乗組員、ダガン!トルトゥーガの歓楽街の裏通りにある怪しげな店 こんな仕事をしてると色々わかるもんさ。あんたが商品を物色するフリをして、ホントは何を探しているのかもねぇ。黒ひげティーチ 〜水分補給中〜スティード・ボネット お前が夢見がちだから、私が現実的にならざるをえんのだ。史上最年少の海賊 ジョン・キング ほら!これが!スィールの海図!!!荒ぶる戦の女神 モリガン サミュエル、力を貸してください・・・黒人の少年 アジク あれだよ。。。 アジクの指さした先、そこには、鈍く優しく光輝く、小さな羅針盤が置かれていたのでした。「海賊狩り」として名を馳せる事になる提督、ロバート・メイナード ・・・静かに、迅速に、職務を遂行せよ。我らが船長、サミュエル・ベラミー 死ぬまで戦うんじゃない、命をかける価値のあるもののためなら、死んでも戦うさ。何が起こったピエトロ!!! 高速船に体当たりされた!乗り込まれるぞ!振り払え!!!2人の兵士は同時にマスケット銃を構え 同時に引鉄に指をかけ、そして乱戦の中同時に・・・!!!おい、おい・・・、なあ・・・ベラミー!ベラミー!しっかりしろ! 頼むから、しっかりしてくれ!お前を庇って死んで行ったのはアジクだけか!?見ろよこれ、みんな、みんなお前の理想のために死んで行くんだ!だけど勘違いするな!みんなお前のために死んで行くんじゃない!お前が掲げた理想がいつのまにか俺たちの理想になっていくんだよ!!頼むから・・・ 失望させないでくれ・・・。1人の兵士を道連れに!!!サミュエル、ねぇサミュエル。・・・もう疲れちゃったの? ・・・いやいや、まだまだ全然余裕で行ける。呼応するかのように嵐がやみ 差し込む光の中、龍に守られるかのように姿を現したのは・・・!一隻の巨大な、白く輝く美しい船!!!僕は戦うから! 強い大人になるから!!だから!だからさ!!酒場の風景1酒場の風景2酒場の風景3 リンゴを貰う事に成功した〜!!!マナナン・マクリルの羅針盤公演フライヤ裏面