劇団からのお知らせ

5月公演延期のお知らせ

投稿日:

5月3日~6日、14日~17日に二都市公演を予定しておりました『メビウス&メビウス~永遠のリピカ~』の上演に関しまして新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を鑑み協議を重ねた結果、開催を延期することを決定いたしました。

詳細は以下ご確認ください。

劇団ショウダウンを応援して下さっている皆さまへ

劇団ショウダウン代表のナツメクニオです。
いつも劇団ショウダウンの公演を楽しみにしていただき、そして叱咤激励してくださる全てのお客さま並びに関係者の皆さまに、お知らせがございます。
この度、5月に予定しておりました「メビウス&メビウス~永遠のリピカ~」大阪公演そして東京公演ともに延期とさせていただきます。

2001年に旗揚げした劇団ショウダウンは今年で旗揚げ20年を迎えました。
その記念公演の第一弾として大阪と東京で「メビウス&メビウス~永遠のリピカ~」を上演すべく本日まで準備を進めて参りました。
たくさんの方からぜひ観たい、楽しみにしているとの声を頂戴しながら、
またキャストさんの意気込みを間近で感じながら、最高の作品をお届けするとの意気込みで、劇団員一同ここまでやって参りました。

しかし報道でも取り上げられているように新型コロナウイルス感染拡大防止のため、誰しもが経験したことのない影響を受けています。皆さまご存じの通り、各種公共施設の使用自粛ならびに夜間週末の外出の自粛を求められています。

この状況下において、多くの公演が中止や延期に追い込まれました。
もちろん細心の配慮や注意を払って公演を実施している劇団もいらっしゃいます。
劇団ショウダウンもそうした公演実施に踏み切った劇団さんの事例にならって、
細心の注意を払って実施したいと考え、最後の最後まで、情報収集や準備に努めて参りました。

そんな最中、先日劇団ミーティングを開いて劇団員の意思を確認しました。
やりたい、この特別な公演を成功させたいという意気込みはもちろん劇団員一同強く抱いてはいたのですが、第一に優先すべきはお客さまの安全ではないかとの声が相次ぎました。
そして様々な対策を話し合い、ぎりぎりまで意見を出し合いつつそれでもなお5月に公演を実施することは難しいとの意見で一致しました。

避けられない状況とは言え、20年の記念公演第一弾、しかも東京と大阪で自信作の「メビウス」が上演できないことは残念でなりません。はっきり言って悔しいです。
劇団員だけでなく、客演のキャストさん、スタッフさん、劇場さん、全てこの作品を届けたかったはずです。
それでも、当劇団ではなく様々な劇団、ステージパフォーマーたちが直面している、公演を打つことが危険につながるという不測の事態、万が一、億が一にでも芝居を見ることによって命を危険にさらすことなどあってはならないことです。
ステージパフォーマーはオーディエンス全てに何がしかの感動を与えることが使命であり、決して危険を与えることがあってはならないのです。

しかし、ここまでやってきたことをみんな捨ててこのプロジェクトを消滅させてしまうのか?
ここまで稽古を重ねてきた役者たち、粉骨砕身動いてくれたスタッフの皆さん、そして何よりSNS上でも直接にでも、「楽しみにしています」と言ってくださった全てのお客さま方の期待をこのまま無にしてしまっていいのか?
何より自分たちが心の底から打ちたいと望んでいる演目をこのまま消滅させてしまっていいのだろうか?
劇団ショウダウンが旗揚げ以来掲げてきた不変のポリシー、『決して期待を裏切らない』、その基本に立ち返って自分たちを見つめ直した時、全員で一致した意見は「中止」ではなく「延期」という決断でした。

最高の作品を作るべく集まって下さった皆さま、そしてそれを楽しみにして下さっているお客さまのために2021年はじめの上演を目指し、万全の体制を整えるべく走り出します。今しばらくお待ちください。

なお、「メビウス&メビウス~永遠のリピカ~」のチケットをご予約頂いた方は全てキャンセルの手続きを致します。振込でご購入頂いた皆さまには、制作より返金手続きの連絡を致します。よろしくお願いします。

そして、10月公演「リバイアサン」については、現在のところ上演する方向で準備しております。ただし新型コロナウイルスの動向を踏まえつつ、何か変更点が生じた場合には早急に皆さまにお知らせ致します。

この度は公演を実施できず、申し訳ありません。
これからも劇団ショウダウンをどうぞご贔屓頂きますよう、心よりお願い申しあげます。

2020年4月7日(火)
劇団ショウダウン代表 ナツメクニオ

-劇団からのお知らせ

Copyright© 劇団ショウダウン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.